ゴルフ

【ゴルフ】直ドラ練習でティーショットのOBをゼロにする/100切りのコツ

投稿日:

100切りを達成するコツとしてティーショットのOBを減らすことが挙げられます。アイアンを使うことでもOBは避けられますが、距離が残ってしまうと打数は多くなってしまいます。結局プレイング4と変わらないのでは意味がありません。

ドライバーの代わりにFWを使えるなら良いですが、苦手な方も多いと思います。私はFWが好きですが、周囲の人でそういう人に会ったことはありません。

FWが打てるようになったり、アイアンでも飛距離が出せるようになればドライバー無しでも100切りは可能です。しかし、それを練習するよりはドライバーの成功率を上げたいのが正直なところでしょう。

直ドラ練習のメリット

そこでお勧めするのが直ドラの練習です。本ブログでも何回か書いていますし、今後も推していくつもりですのでよろしくお願いいします。

実際にフェアウエイから直ドラはしませんが、この練習をしてからドライバーでのティーショットのOBは直近の2ラウンドで0回です。

直ドラをするつもりで打つので本来なら打ち損ねのミスになるところがティーアップしているためにミスになりません。狭いホールではティーアップを低くすることで曲がりにくいボールを打つことができます。

また、直ドラを練習すればFWが易しく思えてきますし、楽に打てるようになります。地面からはもちろん、ティーアップすれば本当に簡単に感じられます。

直ドラのコツ

  • アドレスした時のボールとの距離感を変えないこと。
  • ヘッドがボールに当たる寸前の位置でスイングの最下点になるイメージで振り抜くこと。
  • 多少のスライスは気にしないこと。

最初は低いティーアップで打ってみることをお勧めします。慣れてきたらマットから直接打ちましょう。上手く当たった時は球も上がるようになります。

ティーアップした時の打ち方

ティーアップした時も、ボールが地面にあると思って同じように振ります。ティーアップしているので地面ギリギリを狙う必要はありません。

狭いホールや自信が無い時は低いティーアップが有効です。1ホール目は低めにし、徐々に高くしていくのも良いと思います。

↓短くて重いドライバーです。室内でのスイングチェックにいかがでしょうか。

↑傾斜をつけられるパターマットです。

-ゴルフ
-, , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.