ゴルフ

【ゴルフ】スライスを直す練習 ドローボールを持ち玉に

投稿日:

ゴルフをしていてスライスに悩んでいる方は多いと思います。私もなかなかスライスが直りませんでした。

良い時はストレートかフェードですが、少しでもタイミングやスイングが崩れると、スライスになり、酷い時はひっかけもあるので、右にも左にも行く為そうなると全くゴルフになりません。

スライスを直すには大きくスイングを直す必要がある。

スライスを直す方法として様々なレッスンがあると思いますが、同じことを言っていても、表現の仕方で理解できないことがあります。

私が試して効果のあった練習方法を紹介しますので、スライスが直るきっかけになれば幸いです。

曲がり幅の大きなスライスが直ればスコアも良くなりますよね。平均飛距離も伸びます。

なぜスライスが直らないか

アウトサイドインのスイング軌道だからスライスになるのはわかります。わかっていてもスライサーの人がボールに対してインサイドからヘッドが入るように振るというのは、想像以上に難しいことだと思います。

ボールの軌道から、スイング軌道とインパクトのフェース向きがわかります。インサイドアウトに振ったつもりでも、自分のボール軌道からはアウトサイドインになっているので、よほど意識とスイングを変えなければいけないと気付きました。

ドローを打つ練習方法

そこで、私が練習で意識して効果のあった方法が3つあります。

■ボールに対してインサイドからヘッドが入ってくるスイング軌道はどこかを確認する。

スライサーはどうしてもボールの外側(アウトサイド)にヘッドが戻ってくると思います。インサイドからヘッドが入るためには右肘を体から離してはいけないことがわかります。


■トップからの切り返しでダウンスイングするのを限界まで我慢する。


我慢しすぎるとミスになってしまいます。一連のスイングとして成立する範囲での限界です。

スライサーは体の開きが早いので、トップでダウンスイングに行くのを我慢する事により、体が開くのを抑えてクラブがインサイドから降ろしやすくなります。

■飛球線より右側に打ち出す

スライサーはボールが右に飛んで行くのが怖いので左に振ろうとします。すると余計にスライスしたり左に真っ直ぐ飛んで行ったりします。

右に打とうとしても簡単には右に打ち出せませんし、練習ですのでミスしても良いので右側に打つことを意識してください。

ドローにしたければ右側に打ち出せることが必要です。

一つ目から順番に確認していけば、イメージしているスイングや切り返しのタイミングが全然違うことに気付くことができるのではないでしょうか。

フックが出るようになってから

最初はフックになるかもしれません。(私はなりました。)フックしか出ないようになったら、今度はスライスを打ってみてください。あとはフックとスライスの中間のイメージで打てば良いわけです。 

まとめ

まずは、シャドースイングでボールに対してインサイドからヘッドが入る軌道を確認してください。右肘が体のすごく近くを通らないとそうならないことがわかると思います。

また、切り返しで急がずに、ダウンスイングで体を回していく時に右腕上腕が体から離れないようにするとインサイドからヘッドが入るようになります。

YouTubeの動画で有名な中井学プロのレッスンブックも参考にしてみてください。

-ゴルフ
-, , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.