ゴルフ

【ゴルフ】オデッセイ2ballパター限定/方向を合わせる裏ワザ

投稿日:

2〜3mのパットは良くなりつつありますが、1番大事な1m以内で、特に50cmくらいのショートパットがとにかく苦手です。

私のショートパットが外れる原因は、構えた方向が違っていることです。特にカップが視界に入るか入らないかくらいの距離で、フェースが左を向いているような気がして方向が合わなくなってしまいます。

練習して自信をつけるしかないと思いますが、何か方向を合わせられるやり方はないだろうかと考えていました。

通常、平坦なグリーンではカップとボールを結んだラインで打ちます。傾斜で曲がる場合は、仮想のカップとボールを結んだラインになります。

パッティングの時、ボールは左目の真下に置くというのが基本ですが、体の左側だけで方向を合わせることは錯覚を起こしやすいのではないかと思います。

ショートパットで体を開いたり、ボールを見ずに目標を見たりして打つ方が方向性が良くなることがあるのは、錯覚を起こさないからではないでしょうか。

2ballパターを使った裏ワザ

カップからボールを結んだラインは自分から見て左側にあるので、そのラインに対して平行に合わせるのは難しく感じます。

そこで、そのラインを延長して長いラインをイメージしたらどうかと考えましたが、あくまでもイメージなので上手く方向を合わせることはできませんでした。

その時、練習で使っていたのが、オデッセイの2ballタイプのパターでした。

2ballパターはその名の通り、ヘッドに白い円が2つデザインされています。

黄緑のボールが目標(カップ)

写真のようにヘッドを右側に持って行って、カップからボールを結んだラインの延長線上にヘッドの白い円を合わせると、自分の体の正面に長いラインを作ることができます。(ヘッドは浮かせています)

体の正面にあるラインに対しては、平行に構えやすくなります。体を平行に合わせたら、そのままヘッドを戻してアドレスし、真っ直ぐストロークします。

科学的に正解なのかは分かりませんが、目標のボールに真正面から当たっていくので、方向性が良くなったのは確かです。

持っているクラブで、ラインにも触らず、アドレスに入る一連の流れの動作にしてしまえば、何も問題のない方法だと思います。

良かったら試してみてください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オデッセイ STROKE LAB ストロークラボ 2-BALL FANG パター
価格:20680円(税込、送料別) (2020/4/30時点)

 

楽天で購入

 

 

 

-ゴルフ
-, , , , , , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.