ゴルフ

【ゴルフ】バンカーショットのコツ

投稿日:

バンカーには入らないようにコースマネジメントをするべきですが、どうしても入ってしまうことがありますよね。

100切りなら1打で脱出することが大事でしょうし、90切りならグリーンに乗せたいです。

私はバンカーが苦手ではありません。普通のバンカーで、出すだけで良いなら特に難しいとは感じません。あることを意識して打つようになってから、バンカーショットが上手くいくようになりました。

今日はバンカーから打つ時に、意識していることや脱出のコツを紹介します。

バンカーの打ち方と脱出のコツ

基本的な構え方や打ち方は、ロブショットと同じです。ロブショットについてはこちらの記事も参考にしてください。バンカーショットの為にもロブショットの練習は必要でしたね。

ロブショットと同様に、フェースを開き、開いた分だけスタンスも開きます。手元はハンドレイトになります。また、通常よりハンドダウンに構えます。

構えたら、上の図のようにボールの周りに円または楕円をイメージします。目玉焼きですね。この目玉焼きを剥がすように、砂ごと全部飛ばしてグリーンに乗せるつもりでスイングします。

剥がす砂の重さをイメージして、これを飛ばすくらいの力で振る必要があります。あごの高いバンカーでは、フォローでクラブも高く上げます。

このように、目玉焼きをイメージして、それを全部グリーンまで飛ばすイメージをするようにしてからは、バンカーが比較的簡単に感じるようになりました。出すだけで良いなら、これでフルスイングするだけです。

フルスイングでも20~30ヤードしか飛びませんので、グリーン脇のバンカーでもハーフスイング以上は必要だと思います。

練習場のマットでもロブショットの打ち方で、ダフらせて打てばバンカーの練習になります。

バンカーショットの参考になれば幸いです。

-ゴルフ
-, , , , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.