ゴルフ

【ゴルフ】スイングのチェックポイント

投稿日:

スイング作りやハーフスイングで練習する時に、どんなスイングをするにしても大事なポイントがあります。

それは、バックスイングでクラブのシャフトが地面と水平になる位置(ハーフウエイバック)と、ダウンスイングでシャフトが地面と水平になる位置(ハーフウエイダウン)です。

このポイントでのシャフトやフェースの向きが悪いと、良いショットにはなりません。ここを直さずに他のところで修正しようとすると、悪い癖がついてしまうでしょう。

シャフトが地面と水平になる位置でのチェックポイント

チェックポイントは2つあります。

1つ目は、フェースの向き(傾き)が自分の前傾姿勢と同じ角度になっていることです。

バックスイング中にフェースが開いたり閉じたりすると、前傾姿勢と同じ角度にはなりません。ここでフェースを開いてしまった場合、ダウンスイングまでに閉じる動きをしなければいけなくなります。

2つ目は、ボールを打ちたい方向(飛球線)に対してシャフトが平行になっていることです。

シャフトが飛球線にクロスする角度だと、フックやスライス等、狙った方向に打ち出せません。そこから無理に真っ直ぐ打つには余計な動きを加えることになります。

バックスイング中も、ダウンスイング中もシャフトが地面と水平になる位置では、フェースが前傾姿勢と同じ傾きで、シャフトが飛球線と平行になることをチェックします。

私もシャフトの角度がかなり傾いていたので、スイング修正をして平行に近づけました。もう少しアップライトに上げた方が良いかもしれませんね。

飛球線に平行にしたシャフトのラインより体が前(ボール側)に出ないように意識すると良いと思います。

スイング動画はこちらです。

-ゴルフ
-, , , , , , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.