ゴルフ

【ゴルフ】スイングのチェックポイント 〜続き〜

更新日:

こちらの記事で、下記2点をスイングのチェックポイントとして挙げました。

フェースの向き(傾き)が自分の前傾姿勢と同じ角度になっていること

ボールを打ちたい方向(飛球線)に対してシャフトが平行になっていること

これらを意識することで、極端なフックは直りました。

↓以前のスイング

かなりシャフトが内側に入っていますね。フックになるか右に飛んでいく可能性が高いです。

↓スイング修正後

少し良くなりましたが、それでもまだ内側に上げています。

このように、動画をチェックしてみると、まだインサイドにクラブを上げています。



クラブが上がる位置を再チェック

改めてテークバックを確認してみると、左側の写真のように、飛球線と平行になるように意識はしても、まだシャフトがクロスする方向へ上げていました。

右側の写真のように、後方から見た時に、手元とヘッドが重なり、フェース(リーディングエッジ)が前傾姿勢と同じ角度になるようにしたいです。

この位置に上げていくイメージと実際の動きが、かなりずれていることがわかりました。

体でバックスイングを開始すればこの位置に行きますが、手だけでクラブを上げてしまうとインサイドに引いてしまうようです。

↓さらにスイング修正後

テークバックはまだ内側に引いていますが、ダウンスイングの通過点は良くなっていると思います。

以前から、右ひじを体に付ける意識もしているので、それがやりすぎになっていることもあるでしょうか。

スイング中の本当にわずかなところで、結果が大きく変わってしまいます。

練習をすればするほどスイングも変わっていきますので、スイングが完成するということは無いのでしょう。

「スイングはナマモノ」と聞いたことがあります。練習して常に新しいスイングにしていく必要があるということですね。

↓スイング動画撮影にあると便利です。

-ゴルフ
-, , , , , , , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.