ゴルフ

【ゴルフ】スイングチェックは後方と正面から

投稿日:

動画を撮ってスイングをチェックしながら練習することは有効です。

自分がしているイメージと、実際のスイングはかなり違っていると思います。客観的な動画でスイングをチェックしましょう。何をチェックするかも含めて紹介したいと思います。



打球の曲がりが気になるなら後方から

撮影する時は、後方からの撮影で、クラブをどう振っているかを確認できます。

打球の曲がりを直すなら後方からの撮影が良いでしょう。特にシャフトが地面と水平になった時のヘッドの位置と向きを、バックスイングとダウンスイングで確認します。

トップやダフリが気になるなら正面から

正面からの撮影では、アドレスの形が崩れていないか、頭の位置が動いていないか等を確認できます。

トップやダフリを直すなら正面からの撮影が良いでしょう。頭や右ひざの位置が動いていないかを確認します。

正面から撮る場合は隣の打席から撮らないとスイング全体が入りません。

誰かに撮ってもらうか、空いている時に三脚等を使って撮ることになるので、いつでも撮れるというわけではないと思います。

打席を仕切る柵に立てかければ、地面からの視点になってしまいますが、撮れないこともありません。

その方法で正面(地面)から撮ってみると、ハンドファーストが強すぎたり、スウェーしていたり、クラブのリリースが早いこと等、悪い点が沢山見つかりました。

私も普段は後方からの撮影のみですが、時々は正面から撮影すると多くのヒントが得られると思います。

今後は、頭の位置を動かさないようにすることと、コックが解けるのを我慢することを意識して練習したいと思います。

基本を再確認して安定して100切り、90切りができる土台を作っていきたいですね。

私はスイング動画を撮影する時に下のスマホスタンドを使っています。どの練習場でも椅子やキャディバッグ等に取り付けられ、アームもかなり硬めでスマホの重さで位置がずれることはありません。

ゴルフ以外でも、机やベッドに取り付ければスマホを持たずに動画を見たり、ゲームができるようになります。

-ゴルフ
-, , , , , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.