ゴルフ

【ゴルフ】スイング修正/インパクトからフォローで左足を伸ばす

更新日:

自分のスイングで、少し前から気になっている点があります。

インパクトからフォローにかけて、左足がアドレスの形で曲がったままになっているところです。

左足がフィニッシュで真っ直ぐ伸びていないことで、クラブに振られているような、力感が無いスイングになっている気がします。

左足を踏み込んで真っ直ぐに

インパクト寸前からフィニッシュで、左足を伸ばしていければ、スイングの形が良くなりヘッドスピードも上がるのではないかと思います。

ダウンスイング以降、腰の回転よりも左足を踏み込むことを意識してみました。

但し、足を伸ばすと同時に体が起き上がらないように気を付けます。

足を意識しているので、腕でクラブを振ることが無くなるようです。また、ダウンスイングのスピードが上がったように感じます。

最初はトップしたりダフリましたが、慣れてくると若干飛距離も伸びてきました。

写真ではわずかな違いですが、左足を踏み込んで伸ばしています。ひざの裏から腰に掛けてのラインが縦になりました。

右足の動きも修正すれば地面反力が使える?

左足を修正したところで、右足の動きも直したくなりました。

写真のように、ダウンスイングで右足の踵が浮いてしまい、ひざが前に出てしまう癖があります。

左足を修正した後も、右足の動きはそのままです。

ベタ足を意識していたのですが踵が浮いてしまいます。これにより、トップまでに溜めた力を逃がしてしまっていると思います。

ひざが前に出るとシャンクの原因にもなり、良いことがないのでこれを機に修正したいですね。

プロのスイング写真や動画を見て考えてみると、右足も左足のように伸ばしていくイメージが良いのではないかと思いました。

そうなると、上半身はそのままで、下半身だけジャンプするような感じでしょうか。

最近よく聞く”地面反力”とは、わかりにくい言葉で好きではない表現ですがこういうことなのかなと思いました。

フォローでジャンプしたように両踵が浮いている女子プロの写真を見たことがある気もします。

腰の高さを変えるわけではないので、地面から足が離れることは無いと思いますが、イメージとしてはそういう感じで振れば、踵が浮いてひざが前に出ることは防げそうです。

左手首が完治していないのに我慢できずに練習をしてしまい、また痛みが強くなってしまいました。こういうことをすると治りが悪くなって、ケガをしやすい身体になってしまいますね…

特に試したいことがある時は、練習したい気持ちが強くて困ります。

スイング修正前後の違いを比較するために、ヘッドスピードやミート率の測定ができれば良かったなと思いました。

-ゴルフ
-, , , , , , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.