ゴルフ

【ゴルフ】目を閉じてスイングするとシャフトと体の動きがわかる。

投稿日:

練習をしていてシャフトのしなりや、 スイング中クラブがどこに上がっているかを意識すると言ってもなかなか難しいです。

素振りではいいスイングをしているのに、ボールの前で構えると力が入ってしまう人も多いと思います。

シャフトのしなりを利用して効率良くボールを打ちたいですよね。

シャフトのしなりを利用するには

私のスイングのイメージでは、シャフトはクラブをトップまで上げて切り返す時にしなるので、そのしなりがボールに当たるまで解けないように手元を先行させてダウンスイングをします。(あくまでイメージです。)

そして、シャフトのしなりが解けるタイミングと、ボールにヘッドが当たるタイミングが合わせられれば効率良くボールを打てると考えます。

しかし、そのしなりを感じようとすると体の動きが遅れてしまったり、手元を先行させすぎてもミスになったりします。

自分のスイングのタイミングに合うシャフトに出会うことができれば最高です。しかし、アマチュアの多くは、持っているクラブのシャフトのタイミングに合わせることになります。

なるべく自分が気持ち良く振れるシャフトを探しつつも、現在持っているシャフトのタイミングを体に覚えさせる練習が必要になります。

シャフトのしなりを感じる練習

シャフトの動きを感じるために良い方法があります。

それは目を閉じてボールを打つ練習です。

当然ボールに対してアドレスするまでは目を開けています。アドレスが完了したら目を閉じてスイングをします。

ボールが見えないとすごく不安です。しかし、目を閉じているとスイング中自分の体の動きや、クラブの重さ、シャフトのしなりを感じられます。

ボールを見なければ力まずスイングできる。

目を閉じてのスイングはバランスを取るのが難しくなり、姿勢を保つことに意識が行くのでクラブを振るために余計な力を使わなくなります。

体幹を鍛える練習としても効果がありそうです。

ボールを見ても見なくても、同じスイングができれば当たるはずですよね。いきなりフルスイングは危ないので、素振りやハーフスイングくらいから始めると良いでしょう。

まとめ

目を閉じて素振りをするとクラブの動きや体の動きを感じやすくなります。ボールが見えないとものすごく不安になります。しかし、目を閉じても打てるようになれば再現性の高いスイングということですので自信がつくのではないでしょうか。

ぐにゃぐにゃシャフトの練習用クラブを併用するのもおすすめです。

-ゴルフ
-, , ,

Copyright© ボギーペースときどきパー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.